ブログ

  

診療台を増設致しました!

こんばんは。院長の赤間です。

この度、診療台を新たに1台増設致しました。

コロナウイルス感染症がまだまだ予断を許さない状況です。

受付での待ち時間を減らし、少しでも密の状態を減らすべく増設しました!

皆様に気持ちよく診察を受けていただけるよう頑張っていきます(^^)

 

ソーシャルディスタンス

こんにちは
けやき歯科スタッフの大島です☘️
久しぶりの晴天!このまま梅雨明けしてほしいですね☀️

さて、当院のサウンドミュージックはUSENさんを利用しておりますが、最近音楽の合間に厚生労働省からのソーシャルディスタンスのお願いが流れているのはお気づきでしょうか?
よく聞いていると芸能人の方々が個性豊かに呼びかけてくださっているんです!!

調べてみると約44名の方々が参加されてるとのこと!(2020/07/19現在)
今後も参加される方も増えるとのことです。

皆さんも待ち時間の合間等ぜひ耳を傾けてみてください✨

そして、いつも検温、消毒等の感染予防対策にご協力頂きありがとうございます。
また、混み合う時間等ではお一人お一人がソーシャルディスタンスを心がけて頂き感謝いたします。

混み合うことのないようご予約等、注意しておりますが、ご予約時間に遅れてご来院されますと待合室が混雑し、ソーシャルディスタンスへの配慮が不十分になります。予約時間に遅れる際は一度ご連絡頂きますと大変助かります。場合によってはお時間やお日にちの変更をお願いする可能性もございます。予めご了承ください。
全ての患者様が安心して通えるようご理解ご協力をよろしくお願い致します🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️

リニューアル!

こんばんは。

けやき歯科スタッフの井上です。

先日当院の予約サイトであるEPARK歯科HPのリニューアル撮影がありました。

衛生士さんの診療の様子や

院長先生の診療の様子


インタビューも受けてました。

他にもたくさん撮っていただきありがとうございました。どんな仕上がりになっているか楽しみです。
お披露目まで少しお待ちください★

 

EPARK歯科からのご予約は主に初診の方に限らせていただいておりますが、当院では直接のご来院・お電話はもちろん医院のHPから直接アクセスしてご予約いただく方法もあります。

お口の健康のことでご心配や不安があればいつでもご連絡くださいね。
スタッフ一同お待ちしております。

リニューアル!!

こんにちは。
けやき歯科クリニックの神谷です。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

5月よりけやき歯科スタッフのユニフォームがリニューアル致しましたー‼︎
以前までは、ユニフォームは楽な作業着という程度にしか考えていませんでした。
それが今回初めてあの「ジェラート ピケ」とのコラボレーションより生まれた医療用ユニフォームを着てみたところ、なんと肌触り、着心地がものすごく良いんです✨しかも、これは生地がしっかりしていて、シワになりにくく、素材感がとても良いです。ユニフォームに対する考えが変わりました。
カラー展開も豊富で、今回も前回ご好評頂いた、けやき歯科カラーでネイビーを選びました。
スタッフ一同、身も心も一層引き締まり診療に努めて参ります٩( ᐛ )و
院長先生ありがとうございました✨

家族時間

こんにちは。
けやき歯科クリニック神谷です。

世間は新型コロナにより自粛要請の中、私たちの上で今年もいつも通り綺麗に咲く桜も見頃を過ぎ、春本番の暖かな日も増えて参りました。

自粛モードで、お疲れとは思いますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

我が家も週末は一日お家で過ごしました。

子供たちの遊びネタもなくなり飽き飽きの様子だったので娘のリクエストに答え、今話題の
「お家でキャンプ」をする事にしました。
キャンプ用のテントをリビングにはりテント内でトランプや怖い話しなどをして夜はそこに寝袋を持ってきて寝るという…ʅ(◞‿◟)ʃ💦
寝心地はたいへん微妙ですが 普段とは違う雰囲気を味わえた子供たちからは大好評でした‼︎

まだまだ終息気配のない新型コロナさんですが、こんな時だからこそ「いい家族時間にしよう」と言ってくれた主人との会話をしみじみ思い返した日でした…。

大切な人や自分の命を守るため、引き続き
手洗いうがいの徹底、自粛に努めて参りたいと思います。

けやき歯科クリニックでは医院内、設備等の消毒はもちろんのこと、スタッフ全員が毎日検温し、万全の状態で対応させて頂いております。
患者様にも来院して頂いた際には手指消毒をお願いしております。
受付け前に置いてありますこちら↓をお使い下さいませ。

ご理解、ご協力のほどよろしくお願い致します。

みなさま体調はいかがでしょうか?

こんばんは
歯科助手の木下です。

3月に入り、少しずつ気温が上がり暖かくなってきましたね😆春が待ち遠しいです🌸

ニュースでは連日、コロナウィルスの報道ばかり…。県内でも何人か感染者が出てるみたいですね😱
それに加えてイベントの中止や、マスク、トイレットペーパー等の不足で大変な事態になっていますよね💦

暗いニュースばかりで皆さんストレスは溜まってないですか?😱
ちなみに私のストレス発散方法は、家でノリノリな歌を大声で熱唱することです😆🎤大声で歌うとなんだかスカッとしますよね〜!!笑

行くところも限られて思うように行動できないですが、自分なりの発散方法を見つけてストレスを溜め込まないようにしましょうね😌

そして当院ではこのような張り紙を貼らせていただいております。
感染拡大防止のため、スタッフはマスク着用で対応させていただくことがございますが、ご了承ください🙇‍♀️

みなさんも自分で出来る手洗い、うがいを徹底して自分自身を守りましょうね💪

コロナウィルスが早く終息することを願うばかりです😭🙏

歯を削る道具

こんばんは。歯科衛生士の赤間です。

虫歯の治療って歯を削りますよね。
歯はほぼ水晶と同じ硬さがあるみたいで、それ以上硬いものではないと削れません。
歯を削る機械(先生が持っているもの)をタービンと呼び、
そこに付けて直接歯を削るものをバーと呼びます。
バーには膨大な種類があり、一番硬いエナメル質を削るバーにはダイヤモンド加工が施されています。
削るバー、虫歯を取るバー、インレー(銀歯)を綺麗に入れるために形成するバー、CRを綺麗に磨くバーなど
それぞれの用途により異なります。
それらを屈指しながら高速回転するタービンで虫歯を削っていくため、
嫌な音がするんですよね~。
あの音さえなければ耐えられるのに!という方もいらっしゃいます。

歯を削るバーの他には、
大きめのバーもありまして、それは入れ歯の調整や銀歯の調整に使われます。
たまに目に付くところにあって、そんな大きいもので歯を削るのかと聞かれますが
歯を削るのは本当に小さなバーですのでご安心ください。

↑虫歯を削るバー            ↑銀歯や入れ歯を調整するバー

歯科医院には本当に色々な機械や機材があります。
それらを見ただけで歯医者が苦手になる方もいると思います。
怖そうだな、痛そうだなと思う機械でも口の中で使うものではなかったりすることも多々あります。
少しでも不安が解消されますよう、なにか気付いた点があればまた載せていきたいと思います。

キッズスペース

こんばんは。歯科衛生士の赤間です。
けやき歯科クリニックにはキッズスペースを準備しております。
小さいスペースですが床には絨毯を敷いておりますので、ほんのひと時でもそちらで遊んでいただけると嬉しいです。
DVDも見れるようにテレビもつけました。
おもちゃもご用意しておりますが、小さい子はどんなおもちゃが好きなのが全然わからないので
色々と買ってしまいました。
どんなおもちゃが流行っているのでしょうか?

最近うちの娘はディズニーやアンパンマンがテレビに映るとものすごく喜びます!
手を振りながら言葉にならない言葉をしゃべってますね~
中でも一番の反応を示すのが、そらジローです!
そらジローもくもジローもぽつりんも興味津々です。
あのフォルムが子供心をくすぐるんでしょうか?
好きなキャラクターが出てきて成長を感じております。

 

後期の保育士試験が来月に迫ってきました。
全然勉強していません。
そろそろ本格的に勉強しないと受験料がもったいない!
頑張ろう!!!

歯科治療で嫌われるもの

こんばんは。歯科医師の赤間です。
だいたいの人って歯科治療嫌いですよね。
私も好きではありません。
何が嫌いかって、みなさん「痛い」から嫌いなんだと思います。
(何回も通わせる、高い治療を勧められる等色々あるとは思いますが。)
そしてその痛みを軽減するはずの麻酔。それも「痛い」ことが原因だと思います。

もちろん麻酔をしないで虫歯の治療をすることもあります。
麻酔をしてしまうと削りすぎてしまって重要な神経まで到達してしまう可能性もあったりします。
小さい虫歯などは神経までの距離があるために、麻酔をしなくても痛みが出ることが少ないです。
大きくなってしまった虫歯は削るときに痛みが出てしまうために、ほとんどの場合麻酔をします。
その麻酔というのは注射です。
大学病院などは、全身麻酔をすることもありますが、一般のクリニックではそこまでの設備がありません。
なので局所に効く麻酔を打ちます。
そしてこれが痛いんですよね。
なんで痛いかというと、まず針を刺すのが痛い。
その次に麻酔薬を注入する時に圧力で痛い。
だんだんと麻酔薬が効き始めると痛みは消失してきますが、それまでが痛いんです。
だから歯医者は嫌われるんですよね・・・

だがしかし!
そんな歯医者嫌いな方に朗報です。
最近の麻酔は進化しています。
けやき歯科クリニックでは、麻酔の痛みを軽減するために色々と準備をしています。

①表面麻酔
麻酔をする前の麻酔です。
こちらは塗り薬になるので当然痛みは皆無です。
針を刺す痛みを軽減するためのものです。

②細い針
針が太いと単純に痛みが増します。
今はかなり細い注射針もありますので、クリニックで使用する針はかなり細いものを使用しています。

③注射薬を温める
注射薬が冷たいと、体内との温度差でより痛く感じます。
注射薬を温める専用の機械を準備しております。

④電動麻酔
最近の主流は電動麻酔です。
前までは先生の手で麻酔薬を注入していましたが、それだと麻酔薬の注入速度が変化しそれで痛みを感じることがありました。
あとは力が強い先生だともっと痛みますね。
電動麻酔だと、麻酔の注入速度を一定に保つことができて尚且つゆっくりと注入することができるので痛みがほとんど出ないと言われています。

ただでさえ虫歯の治療は痛いのに、それを軽減するはずの麻酔まで痛いと本当に歯科が嫌いになりますよね。
痛みが出てしまうのはしょうがない部分もあります。
虫歯が大きくて炎症が強いと麻酔は効きません。
数本は打ちますが、効くまで何本も何本も麻酔を打つことはできません。
そうなると痛みを我慢して治療を受けなければいけなくなってしまうのも事実です。
あとは体質もあるようで、少しの量で効いて何時間も麻痺が続く人もいますし
2~3本打っても全く効かない人もいます。
色々な状況を見極めて判断していますのが、痛みが出てしまった時は申し訳ありません。

なるべく痛くない治療、そして削らない治療、抜かない治療というものを心がけています。
どうしても治療が必要な歯はしっかりと説明をしてしっかりとご納得の上治療を始めますので
不明点があればすぐにご相談下さい。

USENを導入しました

こんばんは。歯科衛生士の赤間です。
けやき歯科クリニックでは、クリニック内のBGMに有線放送を導入いたしました。
工事の段階でスピーカーは天井に埋め込んでもらっていたので、簡単な工事で完了です。

歯科医院では一番嫌われている「キーーン」という虫歯を削る機械の音があります。
あれは「タービン」という機械で高速に歯を削っているためにあんな嫌な音が鳴るんですよね。
そして削るときにあまりの速さで削るため熱が出ます。その熱が原因で歯の神経がダメージを受けることもあり得るので
一緒にお水が出るようになっています。
削ったものを洗い流す役目もありますが、温度を下げるために水が出ています。
スタッフが患者様に不快感を減らしていただくためにも、試行錯誤しながらお水を吸う位置を考えながらアシストしています。
たまに舌を吸ってしまったり頬を吸ってしまったりするときもありますが、
あれは下手なのではなく、粘膜を傷つけないために守っているのです!
タービンが動いている時にアシストしているバキュームを動かしてしまうと、その反動で粘膜を傷つけてしまうことがあるからです。
なので、治療中舌や頬を吸われているときは温かい目で見ていただけると幸いです。

歯科医院でのBGMというのはとても重要で、機械の音を少しでも緩和できるように
歯科医院が苦手な方に少しでもリラックスしてもうらうためにもオルゴールやヒーリングの曲を流しています。
院長の趣味でアロハ系の曲だったりラジオを流しているところもあります。

どうしても削る音が苦手な方は、ご自身のイヤホンを装着して音楽を聴きながら治療を受けていただくことも可能です。
歯科医院というところは、治療や検査など多少なりとも痛みや不快が伴うことが多いです。
それを少しでも改善できるよう努めてまいります。

明日で開業して診療開始してから1ヶ月が経過します。
たくさんの方にご来院いただきまして感謝いたします。
また明日からも安心して通っていただけるようスタッフ一同精進いたします。

  

24時間ネット予約